この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

401

麻日珱

ご閲覧ありがとうございます! 麻日珱です。
 
季節も夏に向かっているというのに、秋冬の話で季節感皆無ですが、いかがだったでしょうか?
青春ですね……子供と言い切るには抵抗があって、大人と言うには未熟すぎるあの頃……
書いているときや、見直している現在も、わあああああ!? と言う気持ちです。何一つ伝わってないと思いますが、恥ずかしいというか、走り出して叫び回りたい感じです。ただの不審者ですね。自分で作りだした物で勝手にダメージを受けてるのはままあることです。
 
前回の後半から真の過去編(今付けた)をやっていますが、同じだけの尺を使う余裕がないので、ちょいちょい抓んでいきます。よければ、前の話も読み返して、その違いを楽しんでいただければ、また新しい楽しみ方が出来るんじゃないかなー! と思います。
 
ではでは、今日のところはここまでに致しましょう。
また次回、お目にかかれれば幸いです!! 

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ