この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

457

麻日珱

ご閲覧ありがとうございます。麻日珱です。
 
偶然にも結婚式のシーンは示し合わせたように六月の花嫁になりました。本当に、表紙の結婚式の絵を見る度にニヤニヤしています。いつだって不審者です。
六月の花嫁が云々言うのは、どう考えても梅雨の日本じゃ無茶ぶりだろ……と思ってるんですが、でも、雨続きだからこそ、奇跡的に晴れたら世界から祝福されてる感じもしますね。
 
あと四話となりました……始めちゃうとあっという間ですね。
週に一話ずつ進んでいくのは曜日の感覚を強く意識させてくれるんですが、それだけ一週間がとても早くてびっくりします。
本当に何でこんなに早いんだろう……ヤバい……何度も言ってる気がします(鸚鵡かな)
 
執筆の方はもうとっくに終わっているものの、終わりに近づくというのは寂しいものです。
是非、残りも楽しんでいただければ幸いです。
ありがとうございました! また次回、お会いしましょう!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ