この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

600

麻日珱

ご閲覧ありがとうございます。麻日珱です。
 
あと2話……うわー、あと2話だ! と謎のびっくりに包まれました。何でしょうかね。
寂しさが身に染みます。
 
今回もどんどん過去から現在へと飛んでいきます。十六歳に戻った彼が追っていたのは、幸福な日々でした。そうして、式場から消えてしまった紗雪を追って扉をくぐり抜け、向かった先も。
それが忘れかけていた過去と気付かぬまま、たくさんの温もりと幸せを追いかけて、十六歳に飛んだ“綾木”の自我は“稔”へと同化していきます。
 
そうやって、忘れかけていた記憶を追いかけていくことで稔が何を思いだし、何と向き合うのか、是非あと2話、最後まで見届けていただければ幸いです。
 
今回はちょっと名前表記で“綾木”と“稔”が混在しているのですが、意図してのことですのでご了承くださいませ。
   
それでは、また次回お目にかかりましょう。
ありがとうございました!!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ