この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

22,481

つばこ

『英雄を愛した少女⑤』
 
「ルルカ…なぜ君が…? まさか、ナタリアとリーンベルも来てるのか?」
 
ゼニスは驚いて尋ねました。もう二度と会うことはないと思っていた仲間の顔。ルルカはつまらなそうに言いました。
 
「来てるワケないでしょ。2人とも魔法王国の女王様として大忙しなんだから」
「そ、そうか…」
「なにその顔? リーンベルに来てほしかった? 悪かったね私で」
 
不服げに言うと、ルルカは大きな『ダイアモンド』を取り出しました。
 
「それは…? 『クリア・ダイアモンド』か?」
「違うよ。これは私たち3人が作った『五石』のまがい物。3人の全魔力を閉じ込めてる。あんたの『闇の塊』を無効化するために作った『光の塊』ってやつだね」
 
ゼニスの手に『光の塊』を握らせ、ルルカは言いました。
 
「あんたを殺すために作ったんだ。きっとそれが、あんたの願いだと思ったから」(続く)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ