この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13,277

藤沢おはこ

皆さまこんにちは。藤沢おはこです。

この話を書いていた時に、たまたま吹奏楽のコンサートを聴きにいきまして。

演者さんたちがとても楽しそうに演奏されるのを見ていたら、勝手に手が動いてパンフレットの端にばーっと演者さんの表情を書きとめていました。

「あっ、人ってこういう表情するんだ」といった、落書きのようなメモのようなものをあとで見返して……コレ職業病だなと思いました(笑)


◆次回予告◆


イルミネーションを楽しんだ後、ふたりは部屋に戻ってパーティの準備を始める。

その後久世は、隠していた指輪をこっそり取りに行って―――。

いよいよその時がきましたね…!
この話は担当さんと「ドキドキしますね」と話をしていたんです(*´ω`)

次回82話<想いを指輪に託して>も読んでいただけると嬉しいです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ