この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

514

紙吹みつ葉

「ぶっすた」4話目です。
ここまで読んでくださってありがとうございます!
 
こういう境遇の主人公に訪れるテンプレ状況、というお話でした。
創作物だと割とテンプレなのですが……げ、現実でも本当にあったりするんでしょうか。
紙吹は見事に「学校の有名人」「学校一モテる人」にことごとく興味を持てない学生生活を送っていたので……縁遠かったんですよね。
部活一緒とかでも、兄弟の知り合いとか友達の知り合いとかでもないので「有名……あ、そうなの?」みたいな感じで。
……。
紙吹他人に興味なさすぎぃ!
いや他人に興味がないのではなく、クラスの子たちとアホやったりするのが楽しいお年頃で……え、なんかこの文章だけ見ると男子みたいじゃないですか?そんなことないですよね?大丈夫ですよね?
 
さておき。
いいところに現れた司郎氏がどんな行動を見せるのか。
諸々ご都合よろしければ、お付き合いいただけると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ