この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

933

渡矢シキ

9話も閲覧ありがとうございます。渡矢シキです!
 
喫茶店ってなんかいいですよね。カフェじゃなくて、純喫茶。
私は昭和を生きてない世代なんですけど、時代と時代の隙間みたいなそういう感じが好きです。あとあれ、新時代について行けず置いてきぼりになってるような感じ。多分、今がまさにそういう時代でこれから暫くもそうなんだろうけど、こういうのは後になって振り返ってみないと気づけないんですよね。
 
そういえば、たまにはいい雰囲気のお店でお原稿やろうと思って原稿用紙とペン持って行ったことあるんですよ。でも普通にミルクティー飲んで、かぼちゃタルト食べて帰りました。へへへ……。私そういうとこある。
 
ではまた次回!

この作品が気に入ったら読者になろう!