この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

844

momuu

【ひとはなメランコリー】第3話を読んでくださってありがとうございます!
   
大人になったら、オシャレなBARのカウンターで綺麗なカクテルを片手にひとり黄昏ながら飲むのが夢でした。
しかし、いざお酒が飲める歳になってみたら、私は美味しい日本酒が沢山飲める居酒屋を何件もはしごしたい人種だったことが判明しました。(´-ω-`)日本酒、おいし。
   
次回のお話は
『ヘタレ=紳士 の法則』
  
~ 一花のこと、あなたに任せて大丈夫ですか? ~
   

この作品が気に入ったら読者になろう!