この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

146

紙吹みつ葉

27話でした。
ここまでご覧いただきまして、ありがとうございます。
 
彰人氏と猫としてまったりのターン……というにはちょっとシリアスな回ではございますが。
人間、同じことを繰り返しているように見て、よくよく考えるときちんと変化していることも多々あるものです。
その「よくよく考えると」を「それくらいじゃ意味がない」「少しでも変わったから可能性がある」と考えるかは、人それぞれあるかと思いますが……私は、後者を常に忘れないでいたいですね。
人は早々、劇的な変化ができる生き物ではないと思いますので。
ついでに言えば、猫もそうですね。引っ越した後の猫は色々大変と聞きますし(そういうことじゃない)
 
最初の頃に出てきた茶トラ猫が再登場。
突然助けを求めてきた、その理由とは。
諸々ご都合よろしければ、引き続きお付き合いいただけると嬉しいです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?