この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

144

紙吹みつ葉

36話でございました。
ここまでご覧いただきまして、ありがとうございます。
 
さて、今回は冬花氏のフリをしている銀二のターン。
久々に冬花氏のフリをする銀二と再会した彰人氏ですが、何だか様子がおかしいです。
本来だったら最初に気になるはずだった、「冬花氏ではない、今彼女のふりをするこいつは誰だ」問題。
そこに意識が向くようになったのも、ある種彰人氏の変化かもしれませんね。
 
そして前回の彰人氏の言葉に勇気をもらった美春氏は、意外と行動が早いのですが……果たして、意思疎通ができるのか。
というかそもそも冬花氏(中身)は不在な中どうするのか?
次回、注目していただけると嬉しいです。
 
諸々ご都合よろしければ、引き続きよろしくお願いいたします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?