この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

381

紙吹みつ葉

4話です。ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
 
さて、帰る家を失って(?)しまった冬花氏ですが。
銀二氏にも色々思うところがあるご様子。
次回は、「そういえば、冬花が猫を満喫してる間銀二はどうしてたの?」ということが明らかになります。
冬花がお願いした通り、ちゃんと仕事に行ったのか。
それとも「見た目は人間の女、心は猫」のままに自由気ままに生きてしまったのか……!
 
諸々ご都合よろしければ、ぜひ次回もお付き合いくださいませ!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?