この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

318

紙吹みつ葉

7話でざいました。
ここまでご覧いただきありがとうございます!
 
何か引っかかりを感じる冬花氏。いくら猫になったとはいえ、冬花氏は冬花氏のまま。そこから何に気づき行動するかは本人次第……というところですが。
次回は再び、銀二in冬花編です!
冒頭での冬花と似たような状況になっている銀二は、果たして後輩に何を言うのか?
そしてその様子を見守る彰人氏はどうするのか。
 
諸々ご都合よろしければ、次回もお付き合いいただけたら嬉しいです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?