この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

340

渡矢シキ

いつも閲覧ありがとうございます。渡矢シキです!
 
前回出した『アブミ骨ってどこの骨?』の答えは『耳の骨』でした。より正確にいうと、耳小骨の一部です。人のアブミ骨が鐙(アブミ)の形に似ているために、アブミ骨といいます。鐙は馬の鞍からぶら下がってる、足を乗せる場所ですね。私は宝石のついた指輪の形に似てるな~と思いました。オシャレなフープピアスにも見えるかな?
胸骨の下の方みぞおちの辺りに剣状突起っていう骨があるんですが、それも剣の形に似てるから『剣状突起』っていうんです。でも私には万年筆のペン先に見えますね。そんな感じで、骨ってよく見るといろんな形に見えて面白いので、機会があればぜひ観察してみてください。
 
それではまた次回ー!

この作品が気に入ったら読者になろう!