この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

178

渡矢シキ

閲覧ありがとうございます、渡矢シキです!
 
なんか濃い回になりましたね。もっと書こうかと思ったんですが、長くなるのでやめました。お気づきの方もいるかもですが、今回の話は朝比奈の内面に触れる話になる予定です。カグヤにとっての非日常こそが、かつての智世の日常でした。
 
ところで、私事ですが8月に結婚します。姉が。
とは言っても、姉が実家を出たのは去年の秋頃のことでした。姉とは6歳差で、特に趣味は合わないけどわりと仲のいい姉妹です。当然ながら生まれた時から姉と一緒で、本名の名付け親も姉です。そんな姉が家を出たら寂しく思うのかな?と、家を出るのが決まったころ実は思ってました。なんて可愛い妹でしょう。
ところが、まっっっっったく寂しくない。びっくりした。なんて可愛くねえ妹だァ……。
結婚祝いはちょっと奮発して電気圧力鍋にしました。なんて可愛い妹でしょう。おめでとう、姉!
 
それではまた次回!

この作品が気に入ったら読者になろう!