この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

267

渡矢シキ

閲覧ありがとうございます、渡矢シキです!
 
つい先日、人の喉に未知の臓器が見つかったらしいですね。
人体って1番身近で、昔から研究してる人も多いのにまだまだわかってないことが多いんですよね。しゃっくりのメカニズムはわかってても、発生する原因はわかってないとか。この令和の時代に新しい臓器が見つかったことに、なんだかロマンを感じてしまいます。
智世は誰かの為にっていう使命感よりも、そんなロマンに魅せられて突き動かされて、法医人類学者になりました。鉄は熱いうちに打てって言うけど、智世の鉄は全然冷めなかったようです。きっとカグヤ含め、ほとんどの人は感じたことのない抗いようのない衝動なのだと思います。
 
そんな感じでではまた次回ー!

この作品が気に入ったら読者になろう!