この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

119

藤沢おはこ

◆次回予告◆


榊に憤る日比野だが、相手も反論する。

「千尋をそういう目で見たことはない。一緒にするな」

対峙するふたりは……。

ふたりのやりとりは、ビルの階段の隅で、室外機の熱風にあおられながら見てる感じで書きました(笑)

作者の私がコソコソします(苦笑)

次回49話<千尋が愛しているのは>も読んでいただけると嬉しいです(*´ω`)

この作品が気に入ったら読者になろう!