この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

紙吹みつ葉

47話でした。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
 
さて、貴族側から更なる要求をされてしまったジェイド。
明らかに「最初の要求」を呑んだからという流れではありますが。
「最初に断ったほうが次のお願いを通しやすい」という話もありますね。最初に断られることで、断った側が「最初断ったから」という罪悪感を刺激して「じゃあ今回は受け入れようかな」となりやすいとかなんとか。
ただ今回の場合、同じ貴族でも別の人間からの申し出なので、むしろ最初受け入れたからこそ次の願いを断りづらい、なんて状況に陥ってますね。
そもそもなぜ、最初の要求を受け入れてしまったのか。
その辺りも含めて、今後の展開のご注目いただけますと幸いです。
 
諸々ご都合よろしければ、次回もお付き合いいただけると嬉しいです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?