この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2,366

不知火読

Amaz○nさんのダンボールだらけ。
どうも不知火読です。
 
さて、泣きながら話をした彼とのその後です。
それからも以前と変わらず、一緒にネトゲをしました。
でもそれまでと違うことが一つ。
それは僕もマイクを付け、会話をして、二人で心から笑いながらゲームができるようになったということです。
ネカマをしていたときよりずっと楽しく。
普通だったらブチ切れて嫌がらせされたって文句は言えない状況で、優しく許して、今まで通りに接してくれた、そんな彼に僕は心から感謝をしました。
 
さて、これは実は実話なんですが(細かい言葉の言い回しは違うかもしれませんが)、今ではこの彼とはリアルでも遊んだりする仲になりました。
もう現在の社会ではネットとリアルの境目なんてもうないのかもしれません。
生涯付き合っていく友達がネットで出来る。
それはそれは素敵なことだと僕は思います。
 
でもでもネカマはだめだぞ♡

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ