この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2,119

不知火読

哲学にハマっていた時期があります。
どうも不知火読です。
 
昔、哲学書を読んでる自分かっこいいという思い込みがあり、意味もよくわかっていないのに休み時間哲学書を広げ、読む学生を演じていました。
特に今回「我々は語り得ぬものについては沈黙しなければならない」で登場いただいたウィトゲンシュタインという哲学者の「論理哲学論考」という本が名前がかっこ良すぎるという理由で良く持ち歩いていました。
正直、何一つとしてこれまでの人生の役にたってないというか、役に立てるほど深く理解できていないものではありましたが、こうやって小説を書いたりするときに知識の一つとして使えることもあり、これまでの僕の人生も捨てたもんじゃないなぁと思いました。
そんなことを考えるとまたちょっと読みたくなってきてしまいます。
次は、そうだなぁスター○ックスコーヒーなんかで手の甲を顎に当てて物憂げに読むことにしましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ