この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,857

不知火読

最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
どうも、不知火読です。
 
僕はこの小説が人生で初めて書いた小説で、右も左もわからないまま「これで本当にオモシロいかな」と不安になりながら書いていました。
途中、話がわかりにくいというコメントをいくつか頂いたときは自分の文章力、構成力のなさに嫌気がさして、投げ出したくもなりました。
自分の話が更新されるのが怖くて、コメントもなかなか見に行けなかったことを覚えています。
それでも、最後まで書き切ることができたのはやっぱり読んでくれる人がいたからです。
本当に、本当にありがとうございました。
少しでも僕の小説を楽しんでもらえたのであればこれ以上の喜びはありません。
また、作品に関わってくださった編集者さん、絵師さんにも感謝しています。
本当にありがとうございました。
 
またいつかみなさまにお会いできますように。
またね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ

163