この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2,249

時任要

石田源一郎は第九地区全体を監視する管理塔へ到着していた。到着後に、監視室へ向かう。
そこには、この第九地区に無数に張り巡らされた監視カメラの映像が何百と表示される巨大なスクリーンがあった。
 
こいつは誰だ?
 
石田が指差す画面には、日本国軍の軍人と歩く、学生服を着たひとりの少年がいた。
どこかで見たことあるなと石田は激しい眼光でその姿を追いかける。
 
  
こいつは。
 

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ