この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

940

とーが

次で最終回です。
思えば作家コメントを埋めたことがなかったので、たまには文字数いっぱいまで書きましょう。
 
創作裏話的なものです。昔読んだ友人の作品に、主人公がひとり言を言いながら深夜の学校を歩くシーンがありました。それを見て、「このひとり言に誰かがこっそり返事をしていたら怖いな」と思いました。それが巡り巡って、廃病院の「…………」になりました。以上です。
 
あれ、まだ半分もいってない。
昔から作文や感想文は苦手でした。遠足の感想など、「楽しかった」の一行で終わりです。高校のときも小論文で泣きました。これで小説を書くのだから不思議です。
作家コメントまで読んでくださった方、ありがとうございます。結局、文字数制限には達していません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ