この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

62

大福

この章はここでおしまいです。
長かったですね。漫画も並行していたから尚更ですね。
なんでダイジェスト漫画なんか作ろうと思ったんだろうと幾度も思わされた4章でした(白目
幕間を挟み、次の街が始まります。
そしてこんなにもとろくさい作品にいつもお気に入りやオススメ、本当にありがとうございます。
感涙しか出ませんホント。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ