この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

162

石船海渡

先日はお休みすみませんでした!!
  
甲斐はエルガと同じタイプでもあります。
ずっと笑って明るく、なんて人間いないんです。
それなのに甲斐はフェダインでずっと笑ってみせた。
それはエルガも同じです。
それにどちらも気が付いていたのはルーカスです。
甲斐の時は黙って見守り、彼女をそっと思いやりました。
エルガの変化に気が付いた時、ルーカスは直接部屋まで出向き、彼の闇に触れました。
 
しかし、甲斐はある意味では常に精いっぱいでした。
仕方のない事ではありますが、そのせいで見落とし続けた現実にエルガに今気づかされています。
そんな自分が、エルガに説教じみたことは言えないと分かってはいるので甲斐は謝罪しました。
自分と同じように不器用なだけの彼と今こそぶつかろうとしています。
だからこそ、攻撃は受けても反撃はしません。
 
明日か金曜、更新します!いつもコメント・おススメありがとうございます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ