この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

143

石船海渡

甲斐が世界線を超える為の指輪を作成していたのは=X375話のエルガが入ってくる前に隠している時などです。
なんとなしに作っては見たものの、エルガのタイムトラベルに対しての姿勢や自分への想いを汲み、出すに出せなかったものです。
ここで消えた甲斐ちゃんはそもそもタイムトラベルをしてきた過去の甲斐ちゃんですが、未来の自分は過去の自分と=なので、結局こんな最低な未来に繋げてしまったという絶望に苛まれ、なんとかしようとエルガに立ち向かいました。
もう一度エルガに会えば、止められるかもしれないと思ったけれど、今度は異世界から来た甲斐に返り討ち。
怪我の具合からしても、もうどうしようもないのであれば他の世界にいるはずの自分になんとかしてほしいという望みの薄い選択を取るしかもはやできません。
ややこしいですよね……次の更新は月曜日になります……すみません!!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ