この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

121

石船海渡

お待たせしました!
昨日は突発的な予定が入ってしまいましたぶね…!
最近仕事が充実していて毎日楽しいです。
やり切った時の爽快感はんぱないです。
それにしてもやっぱり石船はいつ思い出しても学生に向いていなかったなあと思います。
黙って机に座っていることが苦痛だったなあと思いますが、テストは大好きでした。
追い出された廊下で本読みながら座っていたり、問題ばっかり起こして何かと迷惑な生徒だったなあと思います。
そんな石船でも就職してちゃんと生活できてるんである程度、踏み外しすぎなきゃなんとかなるんだなあと思う今日この頃です。
自分の中の一線を守れば、人生なんだか楽しいとババ船は思うのです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ