この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

胡蝶陽夜子

本当にお久しぶりすぎて、きっと忘れ去られてるような気もしますが…。
前に更新したのがいつかもわからないほど前で、本当に申し訳ありません。
バタバタしすぎて、書く余裕もなく…。
この頃、家でゆっくりできることが以前より少しだけ増えたので、更新することができました。
次もなるべく早くあげたい…という願望…。
頑張ります…。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0