この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

30

山口洋一

いきなり番外でこんにちは、作者です!
しかも、長い!
前回の反省はどこにいったのか!? だが、後悔はしていない!
ちなみに、この話はパラレル的なあれやそれではなくて、前章ラストから今章の頭までに実際にあったこと、という設定で書いています。
だったら話の続きを書けって?
ふふふ。
ごもっとも(逃
いや、最近小太刀が全然出てないなーと思ってまして、かと言ってこの話を章の冒頭に入れるのは非常にテンポ悪いなあと。で、こんなんあったという脳内設定だけで流してたんですが……小太刀先輩を書きたかったです(涙
久しぶりにメカメカしい話を書きたかったんです!!(号泣
許してください、何でもはしません←
次はこれの続きか正規の続きは分かりませんが、ちゃんと更新しますので、また是非読んで頂ければ幸いです。
なるべく短くしますので……
以上、全般的に言い訳がましいコメントの作者でした♪

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ