この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

鏡花

というわけで、第68話でした。いつも閲覧・オススメ・コメントなどありがとうございます。
そんな感じで、確かにこのエッセイって相当気持ち悪いなーと思いつつ、まあでも創作って基本そういうものだよね、と開き直る図太さも身についてきました。
いや、実際、スランプだと思っていて、なんか愚痴を言いたくて書いてるうちに、『あれ、別に俺スランプじゃなくね?』みたいな結論に至り、結果生まれたのが今回のエッセイになります。書いているうちに、答えが指先から零れ落ちる瞬間みたいなのがあるんですよね。だからこそ、とにかく手を動かすんだ、という今回の結論にも至れたわけで。
そんな感じで、とりあえず、この腕の動く限り、書けるものを書き続けたいと思います。
それでは、また次回のコメントでお会いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ