この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

鏡花

というわけで、第七十一話でした。いつも閲覧・オススメ・コメントなどありがとうございます。
そんなわけで、擬人化について語ってみました。神様を擬人化した漫画とかありますけど、ああいうのも才能ですよね。というか、あれは信者の方に怒られないのか、読んでいるこちらが不安になったりします。
かつて、作家は何を書いてもいいと思っていましたし、それは今でも変わりませんが、何を書いてもいいということと、書いたものに責任をもてないようなら書くべきではないということは別の問題だと最近気づきました。
よくわからない圧力に屈したくはありませんが、自分の小説やテキストには責任をもてる作家・ライターでありたいと自戒も込めて、ここにコメントを残しておきます。
それではまた次回のコメントでお会いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ