この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

鏡花

というわけで、77話でした。いつも閲覧・オススメ・コメントなどありがとうございます。
7が二つ並んでいて、めでたいですね。めでたいといえば、もうすぐお正月。え? そのまえにクリスマス?
何を言ってるんですか、ゴミにクリスマスなんて存在しないんですよ、アハハ!(血涙
言ってて虚しくなってきました。もういっそクリスマスを一緒に過ごせるなら彼氏でもいいかなって思ったあたりで、世の全て男性にとても失礼なことを言ったことに気づきました。心より謝罪を申し上げます。本当にごめんなさい。
だいたいそんな感じ。ぶっちゃけ彼氏より、今はBLでもいいから仕事が欲しいです。とりあえず足下固めないと。
それではまた次回のコメントでお会いできることを祈って

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ