この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

49

heim

(同時刻天界にて)「……ちょっと抑えてください。建物が壊れます」「えー。無理」
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
妖精女王の名前を知ってるのはハルバさんだけ。安易に呼ぶものじゃないので普段はクィーンと呼んでます。そして仮契約とはいえ契約した時点でリムは天使の保護下。普通に会話する程度なら何もないですが、真名で誓いを交わすような行為は問答無用で「僕を差し置いて何してんの?」となる模様。ここで相手が誰なのかまですぐ判明してるのは女王権限ですが、何しろ一部では有名なので判らずとも察する事が出来る他種族は多いと思います。
この聖なる花の種、もしどっかの大悪魔や中天使が育てたら……確実に咲くでしょう。片や派手な1輪の大きな花、片やかすみ草のような花が咲きそうな気がします。こっちの天使は……ただの花では済まないかもしれません。予想ですが。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ