この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

52

heim

その主も、まさか数年後に自分が三択さんになるなんて思ってなかった。
___
閲覧・オススメ・お気にいり・コメントありがとうございます。
特に何もご意見なかったから暴走ロンリークリスマス中です止めないで下さい。この後は未定です。
学校時代から精霊の森に至るまで、極端にサフの私物が少なかった理由の1つが「形に残るものを殆ど貰ってないから」です。学校時代に持ってた写実の絵は「思い出」の1つ。サフは1度も三択さんに物を望んでません。大事なものは捨てられない性格ですし、模範的王族なので物だと個人でなく国の物という認識が先に出るから望みませんでした。
主とクリアのみ、という珍しい回になりました。語り手が主のせいであっちこっちに初出の情報があったり、二人きりのせいでクリアがわかりやすく口滑らせたり、イベント回なのに必読な感じですね。読んで頂けると、今後別の話が出た時にニヤってなるかもしれません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ