この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

60

岡田朔

comicoさんの伝統に乗っ取って、真夜中のうなぎパイな時間はおしまいになります。
某サイトでは細々区切って更新していくスタイルのため、夜が明けた途端に無言だった読者さんから、冬吾が緊張しすぎているからこっちまで緊張したとか、冬吾のほうが初めて感があるとか色々言われてましたが(笑)そのあたりも含めて、この後の二人の関係性変化を楽しんで貰えたらなと思います。
コメントありがとうございます。必ず返信をしていますので、コメント入れてくださった方はよろしければご覧下さいね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ