この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

43

岡田朔

絵莉から見たパリ時代は、冬吾が見ていたものとは少し異なります。
冬吾にとって、絵莉とジェレミーの関係は理想の夫婦の形なのですが、絵莉にとっての"理想”でもあったということでしょうか。
理想と現実は重なるとは限らないものかなと思います。
もうしばらく絵莉の昔話にお付き合いください。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ