この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

11

heim

可愛いもの好き。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
基本的に使い魔はなんらかの能力を持っていることが多い(姿もそれに合わせたものになっている)のですが、稀に雫のもののように『見るからに何もできない系統』の場合もあります。
そして雫の使い魔に関して言えば、実際何もできません。隠し機能も一切無し、出来ることといえばリアルの子犬と同じようなことだけですが、雫は己の使い魔に何一つ不満がありません。彼女には使い魔というシステムに補助してほしいことなど何もないので、便利さよりも見た目の可愛さの方が余程重要なので今の使い魔が至高です。なお雫が前話までで出してた電子動物は、この使い魔がモデルになっています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ