この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

11

heim

はぁすっきりした。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
力量差のせいで、さっくり戦闘は終わってしまいました。雫にとって単に相手を無力化するだけならば他にも色々使える手段はあります。その中で強制移動は一番面倒な手段の一つなのですが、それでもこれを選んだのは相手が相当に目障りだったからだったようです。
電脳世界ではありますが普通のユーザーは好きな場所にぽんっと移動出来るわけではなく、特にサーバー間移動は用意されているゲートを使わないと出来ません。また内部での移動も瞬間移動というのは基本的に無理なので、サーバーを超えて飛ばしてしまえば、そういう相手でない限り即時目の前に戻ってくる事は無い世界です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ