この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

11

heim

親切なのか適当なのかはっきりしない。
___
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
雫は自分が単なる小娘に見られようが気にしない性格です。見た目のせいで侮られようが彼女自身の能力には些かの影響もないし、他人の評価で一喜一憂することを無駄だとすら思っています。それは性格もあり家の教育方針もありですが、彼女がまだ若いってのも大きいのでしょう。大人になるに従って、ある程度見られ方にも気を使うようにはなります。
電子記録は少々期間が開きましたが、また再開致しますのでしばらくよろしくお願いします。
お久しぶりでとても嬉しいですが、あれから結構……いやかなり、アレコレ増えてるかもなので……どうぞお暇な時にでも読んで頂ければ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ