この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

heim

野郎はノーセンキュー。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
雫の可愛い基準はこの世界の一般女性標準からかなりズレてますが、同じ年頃の少女と語らう機会が極端に少ない彼女はソレを知りません。あと、可愛いものを前にすると少々我を忘れすぎる癖があることも自覚が薄いです。
進藤孝俊は雫の様子を見ててそれは把握しますが、彼は基本的に全ての女性の味方(年齢問わず)なことや女性の扱いに多少慣れ過ぎてる面もあるため、余計なことは言いませんでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ