この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

heim

いつの間にか、手段が目的へ。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
殆どの相手ならば雫は簡単に侵入するし、機材が処理不足になったりもしません。が、今回は相手が悪かった模様。
なお雫の家である『御門』は擬似記録側で先祖的な人が出てたり、また英雄譚的な世界でも無関係と言い難い同名の家柄のお嬢さんが出てますが、だいたい全員が一度決めたらどこまでも突き進むタイプです。世間や時代の正解より、己の中の正解を大事にする方なので一つ間違えたら危うい部分も持ち合わせています。また格上との戦いに畏怖するより高揚感を感じテンションが上がる一面も。特定の何かに傾倒しやすいのも似ています。偶然似たのか、遺伝かは不明です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ