この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

heim

趣味とか好みだとは認めない。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
雫はあれこれと機能を詰め込むのが結構好きな方です。それをゴテゴテと並べるんじゃなく、外から見て分からないくらいに纏めることが好み、と申しますか。この電子動物には主に『幼い子どもの保育・保護用機能』が重点的に詰め込まれました。普段作る際には入れないですが、進藤の妹を見ての判断です。なお入れる機能の骨格や使用する外見情報等の、構築に必要なパーツは全部、普段の空き時間などにおおよそを作ってあります。なので、この場では値の設定や微修正程度で済んでます。
今回は使うべき外見をうっかり間違ってしまった模様。でも妹はこれが気に入ったようです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ