この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

heim

前からの知り合いだとは認めたくないような微妙な関係。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
あけましておめでとうございます。久しぶりですがそろそろ更新を再開したいなーと真面目に思っております。こちらは後少しで終わるとこまで来てるのでぽんぽんといきたいんですけど、無理しない範囲で……ってことで。
この『Flawless Blue』は次の話に繋ぐための話という立ち位置なので、この話だけを見たら「そこで終わるのか?」って部分で終了します。次の話で登場する方々の紹介みたいなものなので、今回出た方々はほぼ全員次に出てきます。まぁ、忘れてしまっても大丈夫なんですけどね。その辺はいつも通りです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ