この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

heim

きゅー!!
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
場所もわからないところへ誘拐されたことには恐怖しつつも受け答えにまだ余裕があるのが雫らしい所です。彼女は電脳世界とは関係ない現実世界で相応の訓練を受けているし、実際に生まれてこのかた片手の指の数を超える回数の誘拐を経験してるので、竦み上がっていても事態は好転しないと実感で理解しています。だから、身が竦むような恐怖を前に、震えて何も考えられないという状態にはなりません。
やっと名前が出たミソラアスカ君ですが、見た目かなり可愛い顔です。雫より年下の成長期手前の少年の外見をしています。とはいえここは現実じゃない世界なので……

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ