この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

ユウキ零

ちょっとわかりにくいですが、中田君は中二病です。作者も小学生の時は中二病でした。作者は忍者に憧れておりまして、折り紙で手裏剣を作って壁に向かって投げたり、怪我をしない程度の高い塀から跳び下りる練習をしておりました。より遠くまで跳ぶことができれば優秀な忍者(という設定)で、飛距離を忍者(中二病)仲間と競っておりました。その練習のおかげか、スポーツテストの立ち幅跳びの記録がクラス2位でした。クラスで一番運動神経がいい男子には、いくら修行(笑)を積んでいたとはいえ、勝てなかったんですね……はい。今では黒歴史です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ