この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

2000字程度ならこんなにエディタにあげるの楽なんだなと思いました。
でも2000字程度で区切ってたら、さよなら透明少年は間違いなく300話を越えている。
対照的な存在、というのは、ずっとさよなら透明少年の核としての書き方です。
ロクとナナも対ですが、ナナとレイであったり、ロクとナナ、レイとイスズであったり、どのキャラクターも誰かと対になるようになっていたり、文章の一部が対になっていたりします。
そのあたりは完結後、読みたい人だけが読む後書きとして少しまとめられたらいいなと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?