この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

17

短歌は書きなれていないので、書きながらだんだん恥ずかしくなってました。
俳句については毎月句会に参加したりして細々と続けているのですが、短い言葉で景色や心を表現することにたけた人たちは、小さな言葉に非常に敏感だなといつも思います。
この間知り合いの俳人の方とお話をしていた時、私の作った句の「でも」という言い回しがよくないと言われ、それに代わる言い回しをふたりで延々話し合いました。それを文章を書かない友達に話すとどんびかれました。
たかだか2文字やん、と言われ、冷静になると確かに2文字だなと思いました。その2文字にこれだけ時間を費やさせてしまう日本語って恐ろしいと同時にやっぱり綺麗に構築されているものなんだなと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!