この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

64

heim

自分たちでは無理。でも無闇に恥をかきたいとも思わない。
__
閲覧・オススメ・お気にいり・コメントありがとうございます。
はいまず土下座状態で説明いたしますと、これ23日に出す予定だったものです。既に書き上げ出すだけだったものなのに、スパッとさくっとそれを忘れての今日です。何か忘れてるような気が〜んー何だっけ猫の日はやったよ出してないものなんてそんなにああああアレあったあああ! みたいな流れで真夜中に存在を思い出されたという話です。折角前話からちょっと期待していただいてた方々がいるのに本当に申し訳ないっ!
本気で困った時はいつも、ちょっと助言を求める程度ならやってみようと思うくらいには、彼女は師匠を頼りにしてます。何となくですが、甘えても許されることを察してるからです。魔術士としては珍しい方の師匠と弟子の関係。
次の更新は未定!(にしときます忘れた時のため……)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ