この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

54

heim

「というわけで魔力回復で休ませてください」「……」
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
ハロウィン蛇足編です。本編で言及されてなかったあの異常な量の仕掛けの余談となります。全力数回分を畑に敷くにあたって、魔力が尽きる度に狭間に行って回復させてました。それには回復の間に時間が過ぎないよう、主の協力が不可欠なわけで。主も大魔王は初耳でしたが、部下の夢を壊す趣味は無いし、ケルさんが嬉々として参加してるので水を差しにくかったようです。
蛇足なのでこれを書くかどうかちょっと迷ってましたが、ひそっとお知らせついでに作成。作者名の後ろのアレです。謎の配置記号。詳しくは青鳥であれこれ言ってますが、圧倒的多数のご意見により魔術士系で作ることになりそうなので……ただし本編後の小話は入りません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ