この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

44

heim

何となく。何もなく。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
満月創作その2です。今日はスーパームーンだそうですよ。
びっくりするほど説明になってないままですが、これはもうアミルの性格なので仕方ないです。興味本位で相手を傷つけるような行為が好きでないという。本編では分かりにくいですけど「交流世界幻想録」とかでは顕著ですよね。特に精霊達は彼が問えば感傷関係なく当たり前に教えてくれるから、傷つけたくなくて余計な問いかけはしないように気を使ってる部分があります。そういうところが余計に愛される理由です。
というわけで、これで終わらない感じ満載です。出来るだけ回収はする予定ですので、この先も、たまに月を見上げる時程度の気持ちで続きをお待ち頂ければと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ