この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

15

heim

何か増えます。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
ハロウィン直前です。なんか色々あってカボチャ大魔王の大舞台は何やらおおごとになっている模様。なおそんなの関係なく迎え撃つ側の準備だって毎年おおごとになってます。そのうち森の中では納まらなくなりそうですが、もし怪しくなっても外部には気づかれないように工夫が増えるだけですね。
この話だけ見るとすごく唐突ではありますが、前後に色々あっての流れです。前後の色々はそのうちどこか、青鳥小話辺りで出るかもしれません。
取り敢えずこの年はなんかわたわたして収穫祭を迎えてた、ということが伝わればそれが正解です。
連れてこられた愉快な仲間は、物語好きが指摘しているように『おいしいものに限りなく従順な美食家』魔族です。ケルさんに菓子の作り手を紹介した魔族ですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ